CBDオイル(300mg)

$49.00
必要ポイント数: 49 ポイント
ポイント: 2 ポイント
CBD300
在庫あり

~精神作用・幻覚作用のない安全な大麻草オイル~

大麻草の「種と茎」から摂れるカンナビジオール(CBD)は、てんかんの発作を筆頭に、不眠症、痛み(頭痛、胃痛、歯痛など)、食欲不振、吐き気、皮膚炎、統合失調症、抜け毛、アルツハイマーなど、100近くの疾患に関して、世界保健機構(WHO)はCBDに関する有効性と安全性を高く評価しています。

人間の体内には、ECS(エンド・カンナビノイド・システム)という身体調節機能があり、これにより、食欲や痛み、免疫調整、感情抑制、運動機能、神経保護、認知と記憶などが滞りなく行われます。加齢やストレス、生活習慣でECSのはたらきが弱ると『カンナビノイド欠乏症』となり、あちこちでエラーが起こり、これがいわゆる不調となります。CBDを摂ることでECSのはたらきを取り戻すことができ、またCBDは過剰になった神経を落ちつかせるので、リラックス効果もあります。

※精神作用のあるテトラヒドロカンナビノール(THC)という成分は、大麻草の「葉と穂(花)」に多く含まれており、この部位の使用は禁止されています。 THCは、麻薬取締法でも禁止されている成分です。「種と茎」にはTHCがほとんど含まれていないため、精神作用・幻覚作用はありません。

※日本の「大麻取締法」第一条には、「大麻」とは、大麻草及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。つまり、「種と茎」から摂れるカンナビジオール(CBD)は、日本国内でも利用して問題ないということになります。


摂り方

・1日1スポイト(1ml程度)を舌下に滴下して、飲み込む前に口の中でなじませてください。

・慢性痛でお悩みの方:痛みを感じる箇所に滴下して、お塗りください。

・睡眠障害でお悩みの方:足裏の土踏まずに滴下して、お塗りください。