Sylph(シィルフ)誕生秘話



Sylph (シィルフ) 使い方動画

シィルフ開発のきっかけ 〜 なかったから作るしかありませんでした 〜


私どもKuubは、ハワイでエステサロンオープンしてから早23年目を迎えようとしています。

当初、エステサロン用のスキンケアを色々試して、どのブランドがベストかと決めかねていました。
そのため、洗顔はこのブランド、化粧水はこのブランドといったように、ブランドを統一せず、 お客様の肌質に合わせて使い分けたり、ブレンドして使っていました。

当時はアメリカという土地柄、日本人のお肌というよりも、欧米人に合ったものを作る傾向が強く、 ケミカルピールにような即効性を求める強力なスキンケアが主流でした。

弊社はハワイでも長く営業させていただいており、挙式をハワイであげる新婦様のケアをさせていただくことが多くあります。

そのほとんどの新婦様が長い飛行機での疲れ、お肌の乾燥、そしていつも以上にストレスがたまった中で、 到着日に私どものサロンにいらっしゃることがほとんどでした。

そのお肌に対応するために日本製のスキンケアも試しましたが、 お肌にはやさしいものの、効果がいまひとつという物が多く、満足のいく製品がありませんでした。

私たちは、一生に一度の大切な挙式で、一番ベストの肌状態になるために効果がでる製品、
さらにリアクションが出ないものを求めていました。

そこで、「自分たちで納得いく製品を作くろう!」と決意し、様々な研究をし始めました。 そしてある時、化粧品開発に携わっている有名ドクターと運命の出会いがありました。


シィルフ、ついに誕生


このドクターは、アメリカで30年程、アロエを始めとして、多くの植物抽出液を化粧品業界に紹介し、
いまの化粧品の基礎となるような研究をしている方です。世界的に有名な一流化粧品メーカーの処方を作っていました。


しかし、一流メーカーは収入のほとんどが広告費に使われているため、いくら効果のあるものを作っても、
お肌に良いとされる有効成分は最低限まで減らされてしまい、成分表に載ればよいだけの製品になってしまうことばかり。そこでドクターは、友人のために、有効成分をふんだんに使ったスキンケア製品を研究所で作りました。


でもそれは、原料費が高く、商品化は難しいとされるものでした。
しかし、その製品に私が惚れ込んだことをドクターにお話しし、 交渉を重ねた結果、なんとか私どものサロンで使わせていただけるようになりました。それが約10年前に誕生したシィルフ第一号です。


失敗を乗り越えて...


主成分は昔も今も変わらず、大豆イソフラボンです。


開発当初、シィルフの色はベータカロチン(※1)(体内に入り有効成分にかわる)の黄色いっぽい色で、香りは大豆の納豆のような匂いのものになっていました。


お客様の中には、香りが苦手という方も多くいらっしゃったため、 その後ドクターにお願いし、ハワイのリリコイフルーツの香りを加えていただきました。


それから徐々にシィルフファンが増え、今では弊社エステシャンとマッサージセラピストならびスタッフのベストセラー商品となっています。


(※1)ベータカロチン
色鮮やかな緑黄色野菜などに多く含まれるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化力を持つ栄養素です。 体内では必要量に応じてビタミンAに変換され、効果を発揮します。


こだわりの厳正成分を使用

すべてのシィルフ製品に、ハワイ島のコナが原産地である、
藻から抽出された高性能の抗酸化剤アスタキサンチン(※2)を配合しています。


また、香料や合成着色料は一切使用せず、カウアイ島で製造されているリリコイエッセンシャルオイルで香り付けしています。

ヒアルロン酸は、数ある中で最も良質のもの選び、日本最大の大手化粧品メーカーから仕入れています。


防腐剤は日本、欧州でも許可されており、安全性が高いとされているフェノキシエタノールを最小限使用しています。 パラベン、界面活性剤(※3)は一切使用してしていません。


したがって、シィルフは、天然や自然由来の成分を使用したオーガニックコスメといえます。


(※2)アスタキサンチン
ビタミンEの約1000倍以上、ベータカロチンの10倍以上の抗酸化作用を持ち、アンチエイジングを強力にサポートしてくれる成分です。


(※3)界面活性剤
界面(物質の境目)に作用し、性質の異なるもの同士を混ざりやすくする物質。 台所洗剤、洗濯洗剤、シャンプーなどで使用されています。


実は大変お得!

化粧品は、主に低価格の原材料を使用し、高価格で販売しているというイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思います。しかし、シィルフは違います。実際に、米国の大手高級デパート専属バイヤーから、セーラムを$500以上で販売したいというオファーがありました。それだけ、良質な原料をふんだんに使用しているのです。
シィルフは、皆さまに使っていただけるような価格設定を心がけています。

なぜ瓶なの?

なぜ容器がプラスチックではなく、瓶なの?とお客様よりご質問をいただきます。
プラスチック容器にすれば、送料を節約できますし、コストを安く抑えられます。


しかし私たちは、「食べ物を食べるとき、コーヒーを飲むときに、プラスチックの入れ物とガラスや陶器の入れ物、どちらが味わいがあるか。」という発想から、日本製のガラスの瓶こだわりました。

中身にこだわりがある以上、容器にもこだわり、最高の状態でご使用いただきたいという思いがあるのです。
またガラスの瓶を使用することで、菌の繁殖抑え、いつまでも新鮮で安心してご使用いただけます。